2010年01月21日

大豆のゲノム解読=品種改良など応用期待−日米チーム(時事通信)

 大豆の全遺伝情報(ゲノム)を解読し、約4万6400個の遺伝子を特定したと、米合同ゲノム研究所や日本の理化学研究所などの研究チームが14日付の英科学誌ネイチャーに発表した。大豆は食用のほか、飼料や油、医薬品などの原料としても重要な作物。研究成果は品種改良や生産効率の向上、病害虫対策などに役立つと期待される。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
犬種の特徴、遺伝子解析=人間の病気解明にも貢献
炭素分子2個の融合を観察=新薬開発などに貢献
2型糖尿病に新規リスク遺伝子=アジアのやせ形患者に関与
ヒトゲノムにRNAウイルス発見=4000万年前に感染か

<石川議員逮捕>弁護人、取り調べ全過程の可視化申し入れ(毎日新聞)
長崎・漁船遭難、海底の船を山田丸と確認(読売新聞)
石川議員逮捕、一刻の猶予も許されぬと東京地検(読売新聞)
旧自由党資金15億円、小沢氏団体に 藤井前財務相あて助成金装い(産経新聞)
大茶盛 初釜に歓声 奈良・西大寺(毎日新聞)
posted by トクナガ ノブツグ at 14:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。