2010年06月11日

<囲碁>山下が攻める展開 本因坊第3局(毎日新聞)

 奈良市の奈良ホテルで8日に始まった羽根直樹本因坊(33)と挑戦者・山下敬吾天元(31)の第65期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第3局は午後4時46分、山下が40手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各8時間のうち、消費は羽根4時間14分、山下2時間46分。9日午前9時、再開する。

 1勝1敗で迎えた本局は穏やかな序盤戦だったが、山下が白26と力強く打ってから、緊迫しはじめた。

 山下は白28から左辺を決めた後、白34、36と黒の大石に襲いかかった。攻めに強みを発揮する山下らしい打ち回しだ。一方、しのぎを得意とする羽根は、黒37に1時間31分の長考を払った。

 山下は打ち掛け時刻(午後5時)の前に封じ手を行う意思を示し、25分の考慮で白40を封じた。解説の植木善大八段は「山下さんがいかに攻めを継続し、羽根さんがどうしのぐか。早くも勝負どころを迎えています」と語った。【金沢盛栄】

【関連ニュース】
囲碁:穏やかな序盤戦に 本因坊第3局始まる
囲碁:本因坊第3局控え前夜祭 奈良
囲碁:アジア大会代表候補12人発表
囲碁:山下勝ち、1勝1敗に 本因坊戦第2局
囲碁:本因坊戦第2局 再び険しい局面へ

菅内閣、閣僚たちはこんな人(産経新聞)
会期延長、調整続く=郵政成立求める―国民新(時事通信)
20年間で発達障害の未就学児10倍 福岡市(産経新聞)
菅氏は無言、「必ず勝つ」と樽床氏=2候補の朝の表情―民主代表選(時事通信)
菅氏になりすましツイッター=民主が注意喚起の文書(時事通信)
posted by トクナガ ノブツグ at 20:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。